2018.09.10

パワーチャックのメーカーによる違い

当社で使用しているNC旋盤のパワーチャックメーカーは

日鋼プレシジォン
北川鉄工所

その他に

松本機械工業株式会社

というメーカーもあるそうです。
北川と松本は、Tナットの高さ以外はほぼ同じで、
生爪も互換性があるらしいです。

値段の差は無視するとして、日鋼と北川はどちらが使いやすいのか、
またその理由を書いてみたいと思います。
(北川のチャックは20年以上前のヤマザキMAZAK製NC旋盤に
付属していたものしか知りませんので、勘違いがあるかもしれません)

ちなみに、8インチチャックでの比較となります。
結論から言うと、日鋼のパワーチャックが使いやすいです。

理由としては

1、北川の生爪はチャックに取り付けるボルトが大きい。
なんだか野暮ったく感じます。これはどうでもよいですかね。

2、日鋼はチャックの開きを調整するストッパーがある。北川は無いため、
生爪が開きすぎて品物をくわえるときに、時間がかかってしまう
場合がある。

3、北川は購入後に使い勝手を良くするための加工がしづらい(そのまま
の状態で使うことを前提としている)。

以上です。